ゲーム

遊戯王アルティメットレアとレリーフ違いは?レアカード種類も紹介!

遊戯王アルティメットレアとレリーフ違いは?レアカード種類も紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

昔から根強い人気を誇っているカードゲームの「遊戯王」

1999年に発売開始されてから、20年以上経った現在でも継続して販売されています。

カードの種類は1万枚を超えており、販売総数はギネスにも記録されるほどです!

そんな遊戯王カードですが、今回注目するのは「アルティメットレア」と「レリーフ」と呼ばれるレアカードです。

二期から登場した最上位のレアリティである「アルティメットレア」と「レリーフ」にはどんな違いがあるのでしょうか?

今回は「アルティメットレア」と「レリーフ」の違いについて調べてみました!

また、レアカードの種類についても、徹底調査してみましたので、見ていきましょう!

 

遊戯王アルティメットレアとレリーフ違いは?

遊戯王にはたくさんのレアリティが存在していますが、その中でも特に見た目に変化があるカードが「アルティメットレア」だと思います!

また、「レリーフ」と呼ばれるレアも存在しますが、「アルティメットレア」と「レリーフ」にはどんな違いがあるのでしょうか?

調べてみた結果、実は「アルティメットレア」と「レリーフ」は同じ意味でした!

アルティメットレアとは、カードが金色で表面がザラザラとした加工が施されたレアカードのことを指しています。

そして、レリーフとは「浮彫加工」という意味で、イラストなどがレリーフ(浮彫加工)されていることから、アルティメットレアが「通称レリーフ」と呼ばれるようになったようです。

ちなみに、2000年12月14日に発売された「Thousand Eyes Bible-千眼の魔術書-」に入っていた、「サウザンド・アイズ・サクリファイス」が初めてのアルティメットレアだと言われています。

レリーフ加工自体も時期によって変わっていて、同じレアでも、様々なカードが存在しているのが面白いですよね!

 

アルティメットレアにはどんな種類があるの?

1万枚を超える遊戯王カードですが、アルティメットレアにはどんな種類のカードがあるのでしょうか?

すべてのカードは紹介しきれないので、高額で取引されている、アルティメットレアの中でもレア度が高いカードについて、一部ご紹介してきますね!

 

青眼の白龍

最初にご紹介する青眼の白龍は通称ブルーアイズと呼ばれています。

ブルーアイズは初期登場からの人気モンスターで、アニメの重要なシーンに何度も登場しているほど、遊戯王には欠かせない存在です。

また、弱点のない最高クラスの強さから、幅広い世代の人気を集めています!

買い取り価格は、現在、1枚¥200,000ほどだそうです!

 

真紅目の黒竜

次に、ブルーアイズと同様に人気が高い、レッドアイズブラックドラゴン。

こちらも同じく、¥200,000ほどで買い取りされています!

レッドアイズブラックドラゴンは、モンスターデザインのカッコよさから、コレクターの間で注目され続けています!

この2枚が特別高く買い取りされていますが、他のアルティメットレアカードについても、一部を表にまとめてみましたので見ていきましょう!

 

アルティメットレア一覧

アルティメットレア カード名 買取価格(目安)
カオス・ソルジャー ¥80,000
暗黒騎士ガイヤ ¥70,000
ブラック・マジシャン ¥55,000
カオス・ソルジャーー開闢の使者ー ¥50,000
ダーク・ネクロフィア ¥45,000
竜騎士ガイア ¥30,000
混沌の黒魔術師 ¥30,000
不死王リッチー ¥30,000
超魔導剣士ーブラック・パラディン ¥30,000

※買取価格は変動があるため目安とします。

今回ご紹介したカード以外にも、数万円~数千円台で取引されているアルティメットレアカードはたくさんありました!

また、遊戯王はレアリティが24種類あるので、同じカードでもレアリティによって価格はだいぶ変わってくるようです!

例えば、ブルーアイズやレッドアイズブラックドラゴンと同様に人気が高かったブラック・マジシャン。

アルティメットレアですと、¥55,000ほどですが、プリズマティックシークレットだと約¥250,000まで跳ね上がるようです!

もちろんお店によっても価格は変わってくると思いますので、参考までに!

昔はすべて把握できるほどの種類でしたが、現在ではアルティメットレアだけでもかなりの種類が存在していました!

 

まとめ

遊戯王のアルティメットレアとレリーフの違いについてお届けしてきました!

調査の結果、違うものと思っていたアルティメットレアとレリーフに違いはなく、同じものであることが分かりました!

実は、レリーフは昔はそこまで人気がなかったのですが、2020年になってレリーフ加工が新しくなったことで、旧レリーフ加工の価値が上がったようです!

昔はレアでも数千円で買えたものが、数十万まで跳ね上がるとは思ってもみませんでした!

これからも新しいシリーズが販売され続けると思いますので、今後も注目していきたいと思います!

以上、遊戯王アルティメットレアとレリーフ違いは?レアカード種類も紹介!についてまとめてみました!